ピンクに染めてオールバックにした髪型・・・

15年前ですが、私は色々な髪型をしていました。どれが一番似合っているのかを知りたかったのです。そんな中、一番良くなかった髪型は、髪色を全てピンクにした上で、オールバックというスタイルです。なぜこのような髪型を試みたかというと、有名ミュージシャンのヒデさんが髪をピンクにしていたからです。ひじょうに鮮やかで似合っていたので、自分もきっと似合う間違いないっ!と思いトライしましたが、今思えば良くない髪型でした。この髪型にした当時は、イケているっとてもイケてると思っていましたが、彼女には派手すぎ・・・と言われまして、両親には異国の人みたいと言われ、知人からは地球以外の人とみたいと言う始末で、ひじょうに過激な評価を頂きました。これは何が良くなかったかということですが、やはりピンクという色の派手さで、オールバックというスタイルが関係していると感じています。こちらは田舎なので、薄い茶髪でもそこそこ目立つのに、鮮やかなピンクにしていたので、行き過ぎた派手さが、マイナスということです。また、安物のヘアカラーで染めたので、すぐにピンク色が所々色落ちして、より一層怪しい色になりました。そして、私はオールバックという髪型も似合わないのに堂々としてしまった為、こちらも良くなかったですね。この件から私は、何も学んだかというと、何でも派手にすれば良いというものではない、という点です。私は目立ちたがりで、より目立って人気者になるには、派手にすれば良いと思い込んでいたのです。髪型にしてもピンクという目立つカラーを躊躇なく選び、髪型もオールバックという目立つ髪型にした結果、行き過ぎた派手さになり、全体的には良くなかったです。その後私は、この時の学びを活かし、髪型を研究した結果、現在は自然な七三分けになっているのです。昔のリーマンのようなキッチリした七三ではなく、自然な感じの七三なので、良い印象をキープできています。また髪色も現在は黒にしており、日本人の黒髪の魅力を満喫出来ています。彼女に聞いても、こちらの方が以前よりは断然良いというので、今後も続けようと思います。またこの先は、黒髪を活かした自然な髪型が流行りそうなので、私は色々なアレンジを考えていこうと思っています。七三以外にも、六四分け等もせねばと考えている所です。また整髪量にも日々こだわっており、現在は地元ホームセンターの自社ブランドの物を使っていますが、今後は他の品も試して、より良い髪型を作っていきたいです。